揺れが分からない。(上利侑也)

remember117

揺れる怖さが分からないから。

ちょっとした揺れで、本気で焦ります。

だからこそ、経験したい。

僕は、断層が通る姫路市の田舎生まれの姫路育ちで、大学生になって初めて地元を出て、神戸で過ごすようになった。

地元を出て神戸で暮らしても、結局22年経った今でも全く災害を経験していない。

だから、災害とは無縁に近い。小さな地震しか経験した事がない。

でも、阪神・淡路大震災のような過去の災害等の事実や、防災を勉強させられていた。

正直言って、何もリアルは感じられない。事実を知るに過ぎないと考えてしまう。

だって、災害とは無縁な人生しか過ごしていないから。

ただ、「この時期が来たか」と思うことと、災害の恐ろしさを感じるだけ。

「俺って、無敵!?」

最近は、頻繁に各地で災害が起こっているのに、僕の住む地域だけを外しているように思ってしまう。

だから、無敵だと思ってしまう。

でも、怖いんです。

大きな地震を経験した事がないのに。小さな地震でも、結構怖いけど。

先日、三宮の歩道橋を歩いていたときのこと。

たくさんの車線がある道の上にまたがる歩道橋が、揺れていた。

我に返れば、車の揺れかと瞬時にわかる。

でも、不安になりました。ずっと揺れているから。

地震って、こんな感じで、不安になっていくんかな。

そのような経験と、学んだ事実から感じられる地震の予想から、漠然と想像しては、不安になる。

でも、やっぱり住んでいる町には、大きな地震が起こらない。

起こって欲しいとも思わないけど、経験として、知って起きたいなとは思ってしまう。

なんか、期待しているようで、この気持ちは誰にも話せない。失礼、無礼だっ

て、誰もが言いそうだから。

でも、「経験したい」

三木市に、地震の疑似体験施設があると聞いた。

「行きたい」しか思わない。

どんな怖さなんだろう。いや、怖さだけ感じるのであれば、幸せかもしれない。

「死にたい」

揺れているときに、そんな気持ちを感じてしまう可能性だってもちろんある。

僕は、辛さを感じると、それ以上の辛さを感じたくないから「死にたい」って思ってしまう。

腹痛になって、狭いトイレの空間で辛くなっているとき、僕は、「こんなに痛さが続くんだったら、死んで楽になりたい。」と思ってしまう。逃げたい。

もしかしたら、僕が感じる大きな地震は、腹痛で辛いときのような感覚に似ているのではないかなって思う。

地震の怖さって、そもそも例える事ができるんだろうか。

これからの人  上利 侑也